SEO対策
あらためさんの改運日記 親子関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親子関係

あなたにとって幸せとは何ですか?
愛する人と一緒にいることですか?
素敵な仕事に恵まれる事ですか?
それとも、毎日を健やかに過ごすことですか?

こんばんは
神田翔臣です。

本日もご縁に心から感謝致します


前回の続きで泰子さんの場合でしたね。

泰子さん「ちょっと気になることがあります。」
私「何でしょう?」
泰子さん「実は親子の関係でひとつどうしても忘れられない場面があるのですが、、、」
私「その場面に行ってみますか?」
泰子さん「はい」

では私が数を3つ数えます。すると貴方が気になっている場面です。では数えます。」
「3・2・1・ハイ!」

彼女は7~8歳の女の子です。
とても不安で心臓が震えています。
とても息苦しくて今にも倒れてしまいそうです。
自分だけ見捨てられてしまうのではないか、、、、と!?

それは
ひとつカベをおいて向こうの部屋で両親が言い争っている声を
幼い彼女は罪悪感と(幼すぎる彼女にはその感情が罪悪感だとは
そのときにはまだ知る由もないことだったが、、)両親の喧嘩を止められない
自分の無力感を抱きながら聞いてしまったのだった。

家庭の事を全て母親任せにしている父に対する母親の不満。
母親に対してもっと家庭を守り自分に尽してほしい自分は
一生懸命働いているのに何が悪いのだという父。

彼女は二人のやり取りを聞きながら
自分は両親に愛されては居ないのではないか?
このままだと
とても親の愛を信じられない思いで切ない冷たいやるせない
想いに潰されそうになる自分が
怖くてただ只、震えて小さくなっている。
といい涙が頬を蒸らし始めた。

すると不思議な事に私の心まで辛く切なく息が出来なくなるくらいに
呼吸が大変になって来るのです。

私「気持ちが落ち着くまでしっかり涙を流し、その思いにしたりきってください。」

、、、、
今日は短いですがこの辺にしておきます
ここまでお読み頂きありがとうございます。


さてこの先泰子さんは、どの様にこの場面を克服したのでしょうか?
つぎはそこからお話したいと思います

このヒプノ体験の公開をお許しくださった泰子さんに
心から感謝致します。泰子さんの体験から救われる人がお独りでもいらしたら
それは泰子さんの運命をも上向きにする事に繋がります。
皆さんが繋がって皆さんの望む方向へ運命が上向きに
改運される事を心から願っております。
では次に御逢いするまで
幸せなウサギで居てください
スポンサーサイト
  1. 2009/04/18(土) 23:55:42|
  2. ヒプノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aratamesan.blog26.fc2.com/tb.php/48-091fe27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。