SEO対策
あらためさんの改運日記 ニューヨークのゴミだった弥生さんの場合(その5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニューヨークのゴミだった弥生さんの場合(その5)

2日間。東京へ行っていました。
東京カウンセリングをお受け頂いた皆さんへ

★あなたは幸せになる為に生まれてきたのです。必ず望は叶います★

それと
学研の遠藤励起編集長ならびに土屋俊介副部長室長
ありがとうございました。


上原愛加先生の著書
『大好きなひとに世界一!愛される魔法のプリンセスレッスン 』
お薦めです。
上原先生はオーラーがまぶしいくらい素敵な女の子ちゃんです。

女の子が幸せに生きるヒントが書かれた本です。
この本と上原先生については
改めてブログに書かせて頂きたいと思っています。

では

あなたにとって幸せとは何ですか?
愛する人と一緒にいることですか?
素敵な仕事に恵まれる事ですか?
それとも、毎日を健やかに過ごすことですか?

こんにちは
神田翔臣です。

本日もご縁に心から感謝致します。

弥生さんの死の場面からでしたね。


「いくつくらいになっていますか?」
弥生さん
「随分歳をとっています。おばあさんになっています。」


「如何してなくなったのでしょうか?」
弥生さん
「老衰です。」


「あなたの周りに誰か人は居ますか?」
弥生さん
「はい。家族が居ます。子供達と孫とそして夫?
たぶん夫です。手を握ってもらっています。」


「今の気分はどうですか?」
弥生さん
「平常心というかとても穏やかな気持ちです。」


「それでは私が数を3つかぞえたら亡くなっているその肉体から魂が抜け出て
死んでいる姿が見える場所・・・中間世迄上がっていきます。
では数えます。3・2・1ハイ。そこから亡くなっている貴方の姿を見て
その人生でやりとげた事は何でしたか?」

弥生さん
「生き抜いたこと
愛しぬいたこと
家族が持てたこと
どんなに最悪な状態からでも立ち直れた事です。」


「その人生で遣り残した事は何だったでしょうか?」
弥生さん
「愛する人の命を守れなかった。
もっと社会参加をしたかった
ボランティアみたいな人の役に立つ生き方をすれば良かった。」


「次に生まれ変わったとしたらどの様な人生にしたいと思いますか?」
弥生さん
「心から愛する人と幸せな家庭を作りたい。
人のお役に立つ仕事をすること
人の癒しになるようなスピリチュアルな仕事
どんなに最悪な状況でも人は幸せになれるって伝えたい。」


「ではそこから少し上を見つめて下さい。あなたのハイヤーセルフの
存在が現れます。」
ハイ!現れました。どの様な存在でしょうか?」

弥生さん
「とても美しい天使のような白い羽が背中にはえていて真っ白な衣装をきて
全体に純白って感じです。
長い髪にオーガンジーのようなレースの布をかぶり
手には大きな真っ白な美しい羽を持っています。」


「では、こんにちは。しっかりご挨拶をして下さい。気が済むまでご挨拶をして
気が済んだら教えて下さい。」
弥生さん
「はい。」


「では、ハイヤーセルフに聞いてみましょう。
この人生で私が満足に幸せに生きていく為には
私はどうすれば良いのでしょうか?」

弥生さん
「人の為に役に立つ事。
家族を大切にすること
田舎で生きる事。」


「他に聞きたい事があれば何でもいいですよ
聞いてみて下さい。
弥生さん
「今の夫と分かれても良いでしょうか?」


「では聞いてみて下さい。」

弥生さん
「貴方次第です。ご主人は特に以前と変わっていませんよ。
中途半端な気持ちで離婚すると後悔する。

ご主人が貴志さんだったとすれば
私の打った弾に当たり、、、前世を終えた、、、あの人、、だった・と・す・れ・ば、、、

今度はあの人が鉄砲の引き金を引くまで自分の命を預けてみれば良い。

命尽きるまでヒプノナビゲーターをして
一人でも多くの人の迷いに寄り添って
生きてみましょう。

悲しんでいる人々の魂を

忘れてしまいたい。。。捨ててしまいたい。。。そんな辛い思いを

ニューヨークのゴミ箱に自らの手で捨てる
お役立ちをしてみるのもいいですよ。」


さて
弥生さんには
どの様なトラウマのカラクリがかかっていたのでしょうか?
そして
どの様な未来に進行催眠したのでしょうか?

お楽しみに!!!

この続きは、また次回お話したいと思います。
今日は此処までお読み下さって、ありがとうございます。

このヒプノの公開をお許し頂いた弥生さんに感謝し
弥生さんの今後のお幸せを心から願って居ります。


大丈夫!!!必ずあなたは幸せになれますよ。

次まで皆さん。幸せなウサギで居て下さいね。
感謝と愛と許しの嵐をお送り致します。

スポンサーサイト
  1. 2009/03/13(金) 17:43:06|
  2. ヒプノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニューヨークのゴミだった弥生さんの場合(その6) | ホーム | ニューヨークのゴミだった弥生さんの場合(その4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aratamesan.blog26.fc2.com/tb.php/35-6f951f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。