SEO対策
あらためさんの改運日記 ニューヨークのゴミだった弥生さんの場合(その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニューヨークのゴミだった弥生さんの場合(その2)

あなたにとって幸せとは何ですか?

愛する人と一緒にいることですか?
素敵な仕事に恵まれる事ですか?
それとも、毎日を健やかに過ごすことですか?

こんばんは
神田翔臣です。

本日もご縁に心から感謝致します。

ニューヨークのゴミだったと知ったとたん弥生さんは
悲しさとやるせなさと切なさの感情に打ちひしがれて今にも
壊れてしまいそうでした。

私は弥生さんの背中を摩りながら暫く彼女に寄り添って居ました。

弥生さんの号泣がしゃくりあげるようなすすり泣きになるまでに
随分時間が経ったと思います

弥生さんの背中に手を置いたまま言いました。
「大丈夫よ。貴方は人間になれたのですもの大したもんです。
物質の世界からステージを変えながら人間界まで輪廻転生して来たとするなら
あなたはきっと凄い使命をもってお生まれになった方なのですよ。」

弥生さん
「、、、。私なんか生きる値打ちもないのでは?」


「その答えが分る場面に行って見ますか?
それとも、もう少しニューヨークにいますか?」

弥生さん
「場面を変えてください。」


「では、私が数を3つ数えたら生きる値打ちがあると分る場面へ行きますよ。
数えます。3・2・1はい。
今どの様な場面が見えていますか?
私に教えて下さい。」

弥生さん
「学校です。校庭の中庭にいます。制服をきておさげ髪を肩までたらしています。」

「時間は朝なのか昼なのか分りますか?」

弥生さん
「夕方くらいです。授業が終わって。数人の友人と中庭で円陣を組んで座っています。」


「その時の貴方の気分は如何ですか?」

弥生さん
「楽しくてワクワクしています。その反面とても大きな責任があって、怖い気分もあります。」


「大きな責任って何ですか?」

弥生さん
「私は看護師の学校に通っているみたいです。
今は戦時中で沢山の傷付いた兵士さんの手当てに行く前に
こうしてミーティングをしています。」


「場面を進めていきましょう。それからどうしましたか?」

弥生さん
「傷付いたり病気になったりした兵士さんを収容している病院に出かけて行きます。」


「それから?」

弥生さん
「次々忙しそうに働いています。、、、皆に愛されて、、、皆、私の笑顔を楽しみに
していてくれる感じです。

肩を打たれた若くてとてもハンサムな兵隊さんが病院にやって来ました。
私はその兵隊さんと恋に落ちたようです。

彼の名前は井上貴志といいます。
それからは
毎日がばら色でした。

戦時中に不謹慎なことでした。
私達は恋愛の事実を二人だけの秘密にしておく事にしました。



さてこの先井上貴志さんと弥生さんの恋はどうなったと思いますか?
今日は正直とても眠くなって来ました。
この続きは明日ブログにあげようと思います

今日は此処までお読み下さって、ありがとうございます。

このヒプノの公開をお許し頂いた弥生さんに感謝し
弥生さんの今後のお幸せを心から願って居ります。

大丈夫!!!必ずあなたは幸せになれますよ。

次まで皆さん。幸せなウサギで居て下さいね。
感謝と愛と許しの嵐をお送り致します。












スポンサーサイト
  1. 2009/03/10(火) 00:51:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニューヨークのゴミだった弥生さんの場合(その3) | ホーム | ニューヨークのゴミだった弥生さんの場合(その1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aratamesan.blog26.fc2.com/tb.php/31-289cc598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。