SEO対策
あらためさんの改運日記 感動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感動

あなたにとって幸せとは何ですか?

愛する人と一緒にいることですか?
素敵な仕事に恵まれる事ですか?
それとも、毎日を健やかに過ごすことですか?

こんばんは
神田翔臣です。

本日もご縁に心から感謝致します


心のチキンスープから
本当の勇気
「私に勇気があるって言ってくれるの?」
「ええ」
「それは、きっと勇気とは何かを教えてくれた人達がいたからだわ」
と言うと、彼女は次の話をしてくれた。

 何年か前にスタンフォード大学病院でボランティアとして働いていた
時の話よ。ライザっていう女の子はほとんど回復の見込みが無い難病にかかっていたわ。彼女が助かるためにたった一つの方法は、5歳の弟に血を分けてもらうことだったの。実は、その弟も同じ病気にかかったけれど奇跡的に助かったから免疫ができていたのね。
 そのでドクターは、ライザの小さな弟にこのことを説明して、お姉さんに血を分けてあげられるかって聞いたの。弟は、ほんの数秒迷っていたけど、大きく息を吸い込むと言ったわ。
「うん。いいよ。僕の血でお姉ちゃんが助かるんだもん」
輸血は順調に進み、ライザの頬はだんだんとピンク色に染まってきたわ。横に寝ていた弟は、それをみてにっこり笑ったの。私たちもつられて笑ったわ。
 ところがしばらくすると、弟の顔が青ざめ微笑みも消えてしまった。
そしてドクターに「ぼくは、もうすぐ死ぬの?」と震える声で聞くの。まだ幼なくて、ドクターの説明が良く理解でいていなかったのね。お姉さんを助けるためには、自分の血を1滴残らずあげなければいけないと、思い込んでいたんだわ。

「そうなんだわ。勇気ってどんなものか、私にはきっとわかっている」
彼女はさらに言葉を続けた。
「でも、それは、《勇気って何か》を教えてくれた人たちがいたからなんだわ」
                      ダン・ミルマン

この章から私が感じ取るのは大きく2つです。
1つは・・・タイトルであるところの本当の勇気
1つは・・・弟の顔が青ざめ微笑みも消えてしまった。
そしてドクターに「ぼくは、もうすぐ死ぬの?」と震える声で聞くの。

というところからフラシーボ効果というか自己暗示の体に反応として現れる現実の凄さです。
5歳の弟が純粋で素直であればあるほど、その心の白さに比例して体に現象が在れるものですね。

これからますますヒプノの心のデトックス効果をクライアントさんと共感しながら仕事の中で活かしていきたいと改めて思います。


次まで皆さん。幸せウサギで居て下さいね

感謝と愛と許しの嵐をお送り致します





スポンサーサイト
  1. 2009/03/01(日) 23:42:43|
  2. つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京カウンセリング | ホーム | 懐かしい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aratamesan.blog26.fc2.com/tb.php/24-20787aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。