SEO対策
あらためさんの改運日記 人の心と退行催眠(6対4の法則)その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人の心と退行催眠(6対4の法則)その2

こんばんは
神田翔臣です。

本日もご縁に心から感謝致します
ところで
今日は「6対4の法則」のお話をしますね。

「6対4」って何の事だと想いますか?

心の中のあるもの比率なのですが、あるものって?

そう、あるものは思い出で~~~す!(ジ~~~~ャン)

心の中の思い出の比率は楽しい事や嬉しい事つまりいい思い出が6割
嫌な事つらい事や忘れてしまいたい事など悪い思い出が4割という比率だそうだ。

このバランスを崩して悪い思い出が多くなると人は自己破壊の方向に精神がむいて
精神の病になったり自殺したりするケースがあるのだそうだ。

命を守る為に私達の心はこころの6対4のバランスを保とうとするのだそうだ。
辛すぎる思い出は決して忘れた訳ではなく
潜在意識の奥の引き出しに入れて忘れたつもりになっているだけの場合がある。

これを
このままには出来ないのです

何が出来ないって、、、幸せになることがです。
運命がよくなる事が出来ないのです

その為にはヒプノ(退行催眠は)向いているといえます。

では、どうしてヒプノが向いているのかは雅美さんの例のお話の続きをしながら
又明日御話したいと想います

次に御逢いするまで皆さんに素敵な事が一杯訪れます様に!!!

ここまでお読み下さってありがとうございます。
次まで皆さん。幸せウサギで居て下さいね

感謝と愛と許しの嵐をお送り致します。

スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 01:59:46|
  2. ヒプノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人のこころと退行催眠3 (雅美さんの場合) | ホーム | 人の心と退行催眠>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aratamesan.blog26.fc2.com/tb.php/18-9f32eb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。